MENU

Twitter(x)で名前変わらないログインできない!ページの読み込みに失敗しましたの対処法は?

TwitterがXに変更してからというもの、なにかと良くない評判が目立ちます!

確かにXに変わってから、筆者もツイート(現ポスト)を読み込めない・リプ欄が見れない等の不具合をすでに数回経験しています。

ツイッター(と元々の名前で言ってしまいますが)は、日常での利用頻度も多いため、不具合があると何かと不便で調子が狂ってしまいますよね?

たとえば、今現在では、アカウントの名前を変更すると「ページの読み込みに失敗しました」という不具合が発生する報告があります。

不具合の発生中は原因を調べてもよくわからず、ネット上の口コミには、早急な対応を求める声が多数挙がっているのが現状です。

そこで、今回は、

Twitter(x)で名前変わらないログインできない!ページの読み込みに失敗しましたの対処法は?

について、調べたところをお伝えしたいと思います。

よろしくお願いします!

今回の記事のチェックポイント

・Twitter(x )でログインできない人の口コミの紹介

・Twitter(x )でログインできない!場合の対処法

・Twitter(x )で起こりやすい不具合の原因と発生率について

目次

Twitter(x)でログインできない!「ページの読み込みに失敗しました」の口コミをご紹介!

それでは、現状でXにどのような不具合が起こっているのか、実際の口コミから検証していきましょう!

具体的な不具合の現象を見てみると、

名前変えただけ&X側の読み込みエラーで凍結&締め出し喰らう

アカウントの名称変更をすると、読み込みエラーになるみたいですね。

その他の事例としては、

Twitter (X)で、名前・プロフ画像を変えると、アカウントがロックされる

名前だけでなく、プロフィール画像を変更してもロックされるみたいですね。

また、ページの読み込みに失敗、という不具合だけでなく、アカウントがロック・凍結されるといった報告があるようです。

名前・画像・ID等は変えないで。凍結・ロックされます

名前・画像・ID等を変えると、凍結・ロックされるという注意喚起のポストも多く見られました。

口コミのご紹介は以上です。

では、これらの不具合を解消するための対処法は実際にあるのでしょうか?

次の章で取り上げてみたいと思います!

Twitter(x)で名前変わらないログインできない!場合の対処法は?

アカウントロック・ページ読み込み不具合の対処法

結論を先に申し上げると、パソコンなどのプラウザ版からログイン・認証すると解消されます。

実際に復旧した人のポストを見ると、

ブラウザ版からのログインを試みる→アカウント復旧される

との口コミが挙がっています。

Yahoo!知恵袋でも「ページ読み込み」エラーの対処法として、プラウザからのログインで解決したとの口コミが挙がっていました。

引用元:Yahoo!知恵袋

上記のように、「出来ました!」といった人の声が実際に寄せられていることがわかります。

ちなみに調べた限りでは、ブラウザは、Safari版でもChrome版でも大丈夫のようですね。

認証解除の注意点

ただ、プラウザ版から認証してロックを解除することは可能ですが、ロック解除の認証時にクイズがある、という口コミが挙がっています。

実際のポストをみると、

ロック後のクイズに全問正解すると解除されるはずですが、難易度高めで全問正解しても駄目なことが」あるといった声もあります。

クイズに全問正解しないといけないらしく、しかもその難易度が高いため、名前の変更はしない方が良いといった忠告までされています。

クイズは、6択の中から同一の画像を選ぶという問題のようですね。

実際の画像を見てみると、

引用元: SBAPP

上記のような、認証のクイズがあるようです。

認証の際は、このように面倒なクイズに答えないといけないので、名前の変更はなるべくしないほうが無難かもしれませんね。

アカウントロック・ページ読み込み不具合のその他の対処法

アカウントがロックされた場合、運営に直接異議申し立てをすると、対処してくれる場合もあるようです。

公式のサイトによれば、

引用元:Twitterアカウントの凍結に関するヘルプ

上記のように、「異議申し立てをすることによって、アカウントの凍結を解除できる場合があります」と記載されています。

今回の不具合のケースは、明らかに運営側のミスだと思われるので、異議申し立てをすれば解除される可能性は高いと思います。

なのでこちらの方法も、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Twitter(x)で起こりやすい不具合の原因は?発生率が高くなったかも徹底検証!

Twitter(x )で起こりやすい不具合の原因

では、今回の不具合も含めて、Xで起こりやすいエラー・バグなどの原因をこちらでご紹介します。

アプリの不具合

・通信環境が悪い

・閲覧履歴(キャッシュ)が溜まっている

・運営側のシステムエラー

調査の結果、大まかに分けると、上記の原因になることがわかりました。

Twitter(x )で起こりやすい不具合の対処法

これらの原因の対処法としては、

アプリの更新するか、一度削除して再度インストールする

プラウザ版から再度ログインする

キャッシュの削除→「設定」>「アプリケーション管理」>「Twitter」>「ストレージ」>「キャッシュを消去

時間が経って修正されるまで待つ

だいたい、上記の対処法で解決できることが多いので、試してみてください。

それでも、解消されない場合は、Xのヘルプセンターで問い合わせてみるのもひとつの手だと思います。

ヘルプセンターはこちら

Xになってからエラー・不具合は多くなった?

では、このようなエラー・不具合の発生率は、Xになってから高くなったのでしょうか?

調べたところ、TwitterがXになってから不具合・バグの発生率は上がったという見方が強いです。

実際の、メディアの情報を見ても、

引用元: Business Insider Japan

上記のように、「このプラットフォーム(X)は、これまで以上に不具合、bot、スパムが多くなっている」という見方をする情報もあります。

今後、どれだけエラー・不具合が増えるかわかりませんが、いつ起こっても大丈夫なように、日頃から用心しておいた方がいいかもしれませんね。

まとめ

今回は、『Twitter(x)で名前変わらないログインできない!ページの読み込みに失敗しましたの対処法は?』について取り上げてみました。

今回の不具合は、プラウザ版からアカウントの認証をすると読み込めるようになることがわかりました。

ですが、出来れば、何事もなく普通に利用したいですよね。

Xに変わってから評判は良くないものの、依然として利用者は多く、投稿によって災害情報が拡散されたりなど、役にたっている部分も多くあります。

なので、今後とも安全・安心な利用ができるように、運営側には頑張ってほしいと思います。

この記事が少しでも、読者のお役に立てれば幸いです。

読んでいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次