無添加キムチ 200g

600円(税込648円)

無添加キムチ
200g

原材料:白菜(有機JAS)生姜(農薬、化学肥料不使用)、人参(農薬、化学肥料不使用)、大根、にら、山はちみつ、りんご(減農薬)、もち粉(農薬不使用)、ねぎ(農薬不使用)、無添加にぼし、無添加あみ漬け、唐辛子、ごま、海塩、昆布、はちみつ、いかなごの魚醤

苦節3年。オーガニック好きの皆様に喜んで召し上がって頂ける、キムチ探しの旅が、ようやく終わります。ここまで、こだわって作っている市販品は全国でも、ほぼ無いのではないかと。

・有機JAS認証白菜
・その他の野菜、生姜、人参等無農薬無施肥
・砂糖不使用
・発酵が進んでいくキムチ
・乳酸菌が豊富
・あみ、昆布、煮干し等は酸化防止剤不使用
・アミノ酸不使用
・韓国産の唐辛子

【有機JAS認証白菜】
まずJAS認証の白菜が手に入らない。そしてそれがキムチに使われるのは、ほぼ無いんです。なぜならば、コストがメチャクチャ高いから。白菜は農薬無しで作るのが非常に難しい野菜の一つ。果物よりも難しい葉野菜と言われています。

まぁ、販売側も売れないと作らないし、たくさん作らないと安くならない。でも、量や数に限りがあるので、たくさん作れない。要はコスト吸収が難しい。だいたいコレでメーカーは製造をあきらめます。

と言うことは、少量しか無いんです。こちらの生産者さんも最初は自分達が食べたいキムチが無いので作ろう!からスタート。周りに無農薬や有機JAS認証の野菜を作っている農家さん達が、いらっしゃったので作れたと聞きました。 

【砂糖不使用】
砂糖を使ってないキムチは、なかなかないですよね。でもこのキムチ甘いんです!ハチミツ、りんご、質のよいニンジンなどが、甘さに貢献しているのでしょう。

【賞味期限明記の難しさ】
賞味期限は明確にはないんですが、当店では製造から1ヶ月程度と書いています。本来、発酵が進むと徐々に、すっぱくなっていきます。乳酸菌が増えているからです。よく聞くのが浅めは、ご飯のお供に。すっぱくなってきたら豚キムチなど炒め物や鍋に最適。なので「この期間を超えたら食べてはいけない」という限定が本来は、ありません。季節や保存温度、開封後の取り扱い方で変わってきます。

※開封後雑菌などが付いた状態や高温保管だとカビや腐敗の原因となりますので、ご注意お願いします。

【乳酸菌について】
キムチには実に100種類以上の乳酸菌が含まれていると言われています。中でも植物を培地として住むのが植物性乳酸菌。大きな特徴としては乳などを培地とする乳酸菌と違い、胃酸や胆汁に強く腸まで届くのが特徴。

通常の市販品キムチのほとんどが、乳酸菌と、うたっていても加熱して発酵を止めている物や、そもそも発酵させてない物が多いのが現状です。

【韓国産唐辛子】
キムチの決め手。それは韓国産の唐辛子。漫画の「美味しんぼ」にも描いてあります。なぜか韓国産唐辛子はキムチがまろやかになると。日本産よりも美味しさが増します。

【ニンニクとキムチの相乗効果】
ニンニクの成分であるアリシンは、抗菌殺菌作用に優れる物質ですがキムチ作りで発生するビタミンB1と結びつくとアリチアミンという物質になります。アリチアミンは栄養ドリンクの成分になっているほど疲労回復効果が高い。

【味の好み】
市販品の濃いキムチとは違い、あっさりしたキムチとなっております。濃い味に、なれた方は物足りないかも知れませんが、いくらでも食べられる感じが高評価です。

【キムチレシピ集】
☆そのまま炊きたてのご飯に。
☆キムチの納豆和え
(納豆と混ぜて食べると、納豆菌が乳酸菌の増殖を助けるためキムチの乳酸菌が増えて、腸内の善玉菌の増加につながります)
☆マグロの刺身とキムチのユッケ風
☆豚キムチ炒め
☆スープや炒め物、鍋などに加えると、味のバリエーションが広がります。 味噌とキムチの相性はぴったり。
購入数

PICK UP ITEMピックアップ商品

CHECK ITEM最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。